Atelier MOKUMOKU Annex

テーマ [好きな素材 ] の記事一覧

塗り壁とウッドデッキのメンテナンス

約10年前、バラと草花大好きなお客様のおうちに、セランガンバツで創らせていただいたウッドデッキです。
先日、床材のメンテナンスに入りました。

121002デッキ改修

セランガンバツはハードウッドなので長持ちするはずなのですが、ところどころ床材がブカブカになっていました。
傷んでいたのは主に、頻繁に歩く部分や寄せ植えのコンテナの下になって湿った状態が続いた部分でした。

定期的な塗装も施していただき、大事にしていただいていたウッドデッキです。
木材も生き物。 ハードウッドだからずっと大丈夫!とは、やっぱり言い切れないなと勉強させていただきました。



青い塗り壁も、約10年経過。
ここ数年で、“程良いアンティーク感のある塗り壁”から“ちょっと汚れが気になる塗り壁”へと変化してきました。
カビや藻の類が悪さをしています。

メーカーさんにも来てもらいましたが、メンテの具体的な提案は出ず。。。
なので、とりあえず、迷いに迷って買ってきた洗剤で洗浄してみました!

121002壁01

121002壁02  トイレ用の中性洗剤をシュッシュ! たわしで優しくゴシゴシ!

121002壁03  下には大事な植物があるので、洗剤がなるべく垂れないように。。。

121002壁04

(このツバメちゃんたち、10年経つのにまったくさびが出ていません!すばらしい焼付けだ!)

どうですか? 結構、汚れが落ちたと思いません??
良い風合いになったな~と勝手に満足してます(^^)

最初は塗り替えのご相談だったんですが、気になった度に毎回塗り替えるのはもったいないですもんね。
メンテナンスで対処できる範囲でよかったです!
こうやって少しづつ手を入れながらお庭に向き合っていただけると、とても嬉しく思います。
これからも末永く、宜しくお願いいたします。



≪ 『アトリエ木々』にプラン・施工をご依頼いただいた皆様へ ≫

塗り壁・植栽・土etc.、気になるところがありましたら、いつでも連絡ください! 
(最近は“このアリ、大丈夫?”が一番多いです。)
メンテナンスの方法など、お伝えできたらと思います。



≪ この記事をご覧になってご自分で塗り壁のメンテナンスをなさろうとお考えの方へ ≫

施工会社さんにご相談いただくか、自己責任の上でメンテナンスしていただきますよう、宜しくお願いいたします。
(こういうことはあまり書きたくないのですが、いろんな方がいらっしゃるので念のため書かせてください。)


2012/10/27   好きな素材     873TB 1   873Com 0  

ヒメイワダレソウとサギゴケ

よくお打合せのときに、芝の代わりのグランドカバーとしてヒメイワダレソウとサギゴケをオススメしています。
ブログでも一度まとめておきますね!


ヒメイワダレソウアップ  ヒメイワダレソウ(別名はリッピアです)

畦の雑草対策にも用いられるヒメイワダレソウ。
ランナーが伸びて、どんどん広がっていきます。

ヒメイワダレソウひき

上の写真は我が家の駐車場ですが、芝生の中や枕木の上へとぐんぐんはびこり中。
こぼれ種から成長した“オルレアもどき”も混ざって、ナチュラルな感じです。



サギゴケアップ  サギゴケ

我が家は、紫と白を植えています。
写真の左下に写っている宿根ビオラなど背の低いものも中に混ぜていますが、サギゴケにヤラレ気味です。
ゴマノハグサ科なので、背が低くみっちりしこります。

サギゴケひき

我が家の木陰が気持ちよかったのか、春から半年経たないうちに土が見えなくなりました。
紫の花が涼やかで株分けもしやすいし、わたしはサギゴケのほうがオススメかな~。


真砂土でもつくことはつきますが成長が遅くなるので、できれば土の表面だけでも少し土壌改良されてから植えてみてください。

“草は生えないの?”と尋ねられますが、写真をよくご覧ください。 しっかり生えています・・・汗
地道に抜いていたら、ヒメイワダレソウやサギゴケがだんだんと勝ってくるので、楽しいですよ(´∀`人)

“お水はいらないの?”とも尋ねられますが、もちろん根付くまではしっかりあげていただいたほうが成長が早く、後も良いです。

強くて簡単ではあるけれど、植物なので生きています。 大事に可愛がってあげると、素直に喜びます。 
暑さが落ち着いたら、ぜひチャレンジされてみてください!





2012/08/11   好きな素材     853TB 0   853Com 1  

石釜DIY!

石釜01  最近、打合せでよく話題に上る『石釜』。

バーベキュー炉は夏の定番でよく創りますが、石釜は今まであまりリクエストがなかったんです。
某エクステリア屋さんがチラシに載せてるので、皆さん、気になってらっしゃるみたい。
お庭に置いたり、お山に置いたり、なんだかとっても楽しそう♪

“予熱に1時間も必要なの?”
“薪に最適な材料は?”
“煙突はあったほうがいいの?”
“自分で創りたいんだけど、キットはないの?”

いつもガンガン、質問攻め。 そして、“一体、いくらなの??”

・・・スミマセ~ン、不勉強でして(*;ε; *)

とりあえず、お客様に教えていただいたりネットで見かけたよさげなキットを載せてますので、ご覧ください! 
(丸投げで、スミマセン。)

■ 薪CLUB      ■ フリーハンド     ■ アウベルクラフト     ■ エトセ工房


2011/03/01   好きな素材     708TB 0   708Com 0  

穂がきれいで・・・

2010073009130000.jpg  ダム沿いの道、通るたびに“穂”に癒されます。

いまから10日くらい前の出たての穂がきれいだった~(*´ε` *)
この場所では、光の加減で、朝、東のほうを向いてみるのが一番きれい。
ポール・スミザー氏の本を読んでると、よくグラス系には“背景が暗い場所に植えるのがいい”と書いてあるのが、よ~くうなづけます。
明るい空がバックより、樹木の深い緑陰がバックが断然いい!  繊細な部分が鮮明に見える!

家の花壇にも背景の色を“ここなら映える!”と確認しながら、グラス系を植えていってます。
どのポイントから見ることを肝とするか、考えれば考えるほど難しくて迷いますね。
うまく植えてらっしゃる諸先輩方、本当に尊敬です。
ポイントを決めて配植しようとしても、イメージに合う植物がそこの日照に合うかはまた別問題。
“コレ、キタ!”と思った瞬間に振り出しに戻るのが、最近の作業パターンです。

そんなときはひたすら草取り。 ごみ袋1袋なんて、あっという間。
日に焼けて、どんどん男前になるミゾグチなのでありました。。。。。


2010/07/31   好きな素材     662TB 0   662Com 0  

研修会!

昨日は、天気が良くてドライブ日和。
車をブーンと飛ばして筑後までエクステリアメーカーのタカショーの研修会に行ってきました!

研修会と聞いていながらもガヤガヤした展示会をイメージして行ったので、通された会議室で研修に来られた真剣な業者さんたちを見て、ヒヤリ・・・(^^;)
ムツミを連れてくるところではなかった・・・・・(^^;)(^^;)(^^;)

幸いなことに、タカショーのベテランママさんがムツミを見てくださり、勉強したかったことはばっちり聞けました!Sさん、本当にお世話になりました!!


20090310144328.jpg  あぁ、ぶれてる~

20090310144349.jpg  展示場で一番気に入った、『トレメッシュ』

100角のメッシュが2枚組んであって、面自体も大きい。
これは植物を絡ませるとボリュームが出そう!
展示されていたのはグリーンでしたが、黒やステンカラーがあればもっといいのに!
こんなことを思ってたら、きっと次のカタログには載っているはずだから、タカショーってすごいんです。


2009/03/11   好きな素材     470TB 0   470Com 6