Atelier MOKUMOKU Annex

2015年06月の記事一覧

野の花ごよみ


春にブログに書いたときからすっきりせずにずーっと気になっていて、そうだ!と思って手に取ったのはこの本!!

野の花ごよみ  『野の花ごよみ  宗像の植物』

これですね、宗像のブックオフに寄ったときに出会った本なんです。 1988年発刊!
四塚や許斐山だけでなく沖ノ島・地ノ島、とにかく宗像地区で見られるあらゆる植物とその生息地が詳しく書かれており、たまに読むととっても興味深いことがたくさん書いてあります。
もしかしたら、あの黄色い花がわんさか咲く木について書かれてないだろうかと思い、ページをめくってみると、しっかり書かれてありました!


野の花ごよみ02  “アオモジ”でした!

本によると、宗像植物友の会の“カモシカ”の異名を持つ会長さんが林縁に走り、小枝を手にして戻ってこられ、「アオモジかもしれない・・・」とつぶやかれたそうです。
県内では糸島の二丈に続く見事な群落地だそうです。


この記事がかかれた頃、私、5歳だ・・・。
タイムスリップして、宗像植物友の会に入りたい!!


2015/06/26   気になる木     1005TB 0   1005Com 0  

’15 城南区*きょう子先生の初夏の庭


中村きょう子皮膚科クリニックさまの花壇のメンテに入りました。

150519きょう子先生03  5月19日。

ハーブガーデンは、ジューンベリーとオリーブとレモンが埋もれているような状態。


150519きょう子先生04  ビフォー

150519きょう子先生05  アフター!

梅雨前にざっくりカットです ^ ^  小径がやっと見えてきました。


150519きょう子先生06  アロマティコ、強し!

ミニブーケができるほど、よく増えてくれてました。 
家でもいろいろ植えてみましたが、やっぱりラバンディン系のアロマティコかセンティヴィアが信頼できますね。



表の花壇、今夏のテーマカラーは濃いピンク!

150519きょう子先生07

クミスクチン(“ねこのひげ”とも呼ばれます)、ちょうど大苗が出ていたのでクリスマスローズの間に植えました。
花色の彩度が高く、フォルムも独特なので、パッと目を引きます。 とげがあるので苦手な方もいるかも。。。
寒さに弱いので一年草扱いしますが、花殻を取ったら脇からどんどん咲きます。 白花もきれいですよ!
ジギタリス“スノーシンブル”がもう終わりがけなので、ちょうどバトンタッチ!


150519きょう子先生

どの花壇にも草の姿や花殻が見当たらず・・・!
いつも可愛がっていただいて、本当にありがとうございますm(_ _)m
ディプラディニアの成長が楽しみです。


2015/06/11   草花の溢れる庭     1003TB 0   1003Com 0  

’15 庄内町*T様邸の庭づくり

Tさま、ご新築おめでとうございます!

住宅情報雑誌で、Tさまご夫妻好みのイメージの想創舎 ㈱手嶋組さまと出会ってしまったそう。
今回も外構プランと植栽を担当させていただきました。
枕木門柱に切り文字表札+白いポストのすっきりナチュラルな玄関先。
デコボコが味わい深い自然石のアプローチは、左官さんがとっても丁寧に目地を仕上げてくれてました!
目地の写真も撮ってくればよかった。。。


150515T様邸01  5月15日。 

高木だけ先に植えてもらっていたので、まわりの花壇部分をまずは土壌改良。


150527T様邸  5月27日。

華奢な雑木と低木と草花を足しました。


150515T様邸02  植える前と比べると、ずいぶんにぎにぎしてきました↓↓↓

150527T様邸03

方位的には北ですが、夕方には西日がさすので、植物選びや配植が難しかったです。
Tさまの植栽イメージやお好みは、シルバー系○・銅葉系×、ベロニカ“オックスフォードブルー”やカラミンサのような小花系が好き、都忘れなどマーガレットの花の形のものが好き!などなど。。。
葉もの+ブルー・紫のものをベースにして、半日陰や日陰が好きなものを高木や構造物の奥側に置いて、基本は西日に耐える植物でまとめています。

元気のなかったオリーブ、復活してきたでしょうか?
暑くなる折、どうぞ無理なさらずぼちぼちでよろしくお願いします ^ ^
怪しくなったら、いつでも連絡ください!!


2015/06/10   庭づくり@福岡県内     1002TB 0   1002Com 0  

最近のおすすめ本!

21.png  『建築知識ビルダーズ No.21』

造園家の荻野寿也さん特集です。
同業ママ友とこの本の話で盛り上がり、そのあと“今ほしいものは?”・“(山取りしたくなる木がいっぱい生えてる)山!!”で意見が一致 ^^
ついつい植えすぎてしまう自分にとって、戒めの本。



庭の色  『庭の色』

吉谷桂子さんの最新刊。
ちょうど原研哉さんの『白』(←日本語と英語の2バージョンあるので、行き来してたら全然進まない 涙)を読んでる最中なので、リンクするところがあって面白い!
良い組み合わせの例ばかりでなく、残念な例も何が残念かはっきり書いてあって、勉強になる本です。



2015/06/09   お気に入り     1001TB 0   1001Com 0  

’15 小郡市*K様邸の庭づくり


ご新築おめでとうございます!
想創舎 ㈱手嶋組さんにご縁があって、素敵なおうちをつくられたKさま。
ご新築にあたって、外構プランと植栽を担当させていただきました。


150514K様邸01  5月14日、完成!

左右で土留めのレンガ積の高さが違うし、左官さんも一瞬迷ったでしょうね!笑
色ムラ加減がおうちにぴったりなレンガ。 植栽すると、みどりにもよくなじみます。

Kさまのお好みの花色は、白・ブルー・紫。 葉色は、シルバー。
気になっているのは、ビバーナム・ティヌスの青い実・シュンシュンとした立ち上がるフォルムのもの・ドライフラワーにできるようなもの・ハーブ全般。
避けたいものは、妙な柄の植物(ペルシカリアのレッドドラゴンとか、嫌いなはずです!)・とげがあるもの・銅葉系も苦手。
植物の本や雑誌をめくりながら、植栽のイメージを打合せました。

玄関側は午前中だけ日が当たるので、植物には優しい環境。
シンボルツリーの白花のエゴに、アジサイ“アナベル”やビバーナムを添えて、半日陰向きの多年草を植え込んでいます。


150514K様邸02

150514K様邸03

リビング前のお庭は日差しを遮るものがなく、一日中日が差します。
一日中日が差して喜ぶのは、バラと芝生くらい・・・。 
なかなか酷な環境のなか、つわものたちが大集合!
その中でもバテそうなものは、せめて西日はよけられるようにオリーブの陰になるところに配植したり、高くなる宿根草で少し日除けしてもらえるところに置いたり。

植栽後もKさまが可愛がってくださっているので、梅雨明けにはどれもニョキニョキッと育っていることでしょう!
ぜひまた寄らせてくださいね^^





2015/06/08   庭づくり@小郡市     1000TB 0   1000Com 0