Atelier MOKUMOKU Annex

Entry 126   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

光明禅寺のおまけ

DSC00769.jpg

茶室のそばの蹲。
モミジが浮かんでいました。

DSC00803.jpg DSC00816.jpg DSC00819.jpg

左) 本堂の屋根。梅の花の飾りが付いています。
中) 本堂にも梅の花の飾りが!
右) 使い古された丸瓦+土管を使った水栓。コレ作ってみたい!!

DSC00828.jpg DSC00830.jpg

これが前庭、『仏光石庭』。15の石で光という文字を現しています。
ぷっくりしたモミジが色づいています。

DSC00826.jpg

楼門が補修されていました。

DSC00822.jpg DSC00832.jpg DSC00823.jpg

縁起物の飾り瓦(巴蓋)。楼門の下り棟についています。
作られた時期によって表情が異なっているのが面白い!!

左) 補修された方の楼門についていた新しい狛犬。
中) 本堂入り口正面の楼門についている古いけど現役の狛犬。
右) 引退した狛犬。お堂の下で休んでいました。ちょっとピカチュウ似☆
   新しいのと比べると一番古いこの子が、一番いい顔してる(*゚∀゚)
   古い4匹のうち他の3匹は後ろ足が折れていて、この子はまだ元気なほう。
   台風でやられちゃったのかな?

DSC00833.jpg

お寺の敷地内に、出番を待つモミジの若木がありました。実生ででたものでしょうか?
きっと50年後くらいに、しっかり後庭で活躍してるんでしょうね(´∀`人)



最新の日記はこちらですU(^エ^)U

2006/12/04   素敵なお庭@太宰府市     126TB 0   126Com 3  

Comment

 

チロブラジル437     2006/12/04   [ Edit ]

日本の建築って、細かいところまで作った人の思いというか、遊び心というか、本当にうなってしまうような細工がありますね。
ここも、大宰府と言うことできちんと梅が、デザインされているのですね。
日本のお寺って気持ちが静まるような気がするのは、日本人だからでしょうか?

mimoza438   まだ・・・   2006/12/04   [ Edit ]

紅葉には早いのかな~でも、もう12月ですよね~。。。
今年は、遅いのか・・・紅葉せずに散ってしまうのか。。。
ちょっと、寂しいですね。
「巴蓋」・・・ってなんて読むんですか?厄払いのような意味を持っているものですか?一番左の狛犬は許せないな~。。。もうちょっとお茶目な感じにしてほしいな~。。。真ん中のはなんだか、宇宙的ですね!私も一番右の現役引退した狛犬さんが好きだな~。

トモコジロウ443     2006/12/04   [ Edit ]

チロブラジルさん>

そうです、飛び梅のモチーフが至るところに!!明日のブログもお楽しみに♪

研究室の先生はアメリカ人だったんですがこのお寺が大好きで、静かな月夜にどうにかここでお酒が飲めないものかとよく言っていました。
感じ方は少々違えど、寺社仏閣って心を落ち着かせてくれますね☆

mimozaさん>

前庭の紅葉はイマイチでした。
後庭も今年は葉がシャリシャリになって散っているので、みっともないねーって知らないおじちゃんも嘆いていました!

「巴蓋」→ともえぶたって読みます。
一番左の写真が分かりやすいんですが、瓦の上に飾りとして針金(かな?)でくくりつけます。
厄払いの意味もありそうですね、あとはおうち同士で飾り瓦を競ったりしてたようです。
鳩・波・大黒様・・・、いろいろいますよ!シーサーとかも仲間です。
やっぱり右のがかわいいですよね~(●^o^●)



P.W.   Secret    

Trackback

http://ateliermokumoku.blog71.fc2.com/tb.php/126-8e0b6b89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。