Atelier MOKUMOKU Annex

Entry 611   Permanent LIN K

和室、できた!

CIMG0873.jpg  半間弱の幅の床の間としばらくは使わないであろう仏間・・・(v_v。)

“これじゃ雛人形、出せんばい。” ← これが和室リフォームのきっかけです。

『毎日使わない部分には予算をかけない!』と決めておきながらも、和室ってここぞってときに使いたいからきちんとしておきたい気持ちが上回り、めずらしく夫婦の意見が一致してリフォームすることに。

大工さんに仏間を取り払って床の間を広げてもらい、柱の塗装や壁塗りは自分達ですることにしました。
DIYって予算が節約できるというのはメリットですが、それには“素人仕上げ”というイタイ代償が伴います。
この超オーザッパ夫婦、しかも主に嫁・ミゾグチが仕上げることになったので、危うさ100倍Σ(゚д゚;


2010042816070000.jpg  こんなに美しいケヤキの無塗装。

床板は既製品で漆がかかったものもたくさんありましたが好きな色がなくて、納期はかかるけど特注で無塗装にしてもらいました。
塗るのに一番勇気を必要とした部分です。 

使用した材料は、木部の塗装にはオスモカラー『ウッドワックス』ウォルナット色、塗り壁の材料には四国化成『けいそうジュラックス土壁』
どちらも素人のわたしにでも塗れる、使いやすい材料でした(^^)

オスモカラーは臭いが少なく、変な成分が入っていないので子どもやペットにも安全ということで、仕事柄お気に入りです。 
しかも『ウッドワックス』は一度塗りなので、即採用。
でも今回思い知ったのが、換気は本気で大事ということ!! 
塗っている途中で雨が降りだしたので窓を半分閉めた状態で作業をしていたら、気分が悪くなって大変なことに・・・!!
おかげで体重は4キロ減りました。 どうぞ皆さんもお気をつけくださいm(_ _)m

『けいそうジュラックス土壁』の決め手は、既存のじゅらく壁を剥がさずに上から塗れるところ。
珪藻土入りの材料はたくさんありますが、大半は既存の壁の処理が必要なので、DIYでは結構大変。
うちは(性格的にも?)あまり時間をかけられないので、お手軽なこの材料になりました。
床の間の新しいボードのところがよく水分を吸うようで若干塗りにくかったのですが、概ね作業もスムーズに進みました。

まぁ、なんだかんだいっても、庭工事中の我が家にはプロの左官さんという強~い味方が(´∀`人)
“Iさ~ん♪”とこの他力本願夫婦が助けを求めるたびに、お庭の作業を何度も中断して材料を練ってくれたり・仕上がりのチェックをしてくださったり。。。
本当にIさんのおかげです。ありがとうございました♪


CIMG1161.jpg  Iさんの実演♪

CIMG1167.jpg  左官見習い・ミゾグチが金ゴテで薄く塗りあげて・・・

CIMG1160.jpg  同じく見習い・相方がスポンジゴテで模様仕上げ。


CIMG1172.jpg

連休前半のがんばりで、今日の屋祓いにもギリギリ間に合いました!
約2ヶ月、開かずの間だったので本当に気持ちが良い!
残すところは、お庭だけ! 連休明けからはアプローチを創ってもらいます。 乞うご期待( ´艸`)


2010/05/04   家のこと     611TB 0   611Com 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://ateliermokumoku.blog71.fc2.com/tb.php/611-6fe6ab36