Atelier MOKUMOKU Annex

Entry 873   Permanent LIN K

塗り壁とウッドデッキのメンテナンス

約10年前、バラと草花大好きなお客様のおうちに、セランガンバツで創らせていただいたウッドデッキです。
先日、床材のメンテナンスに入りました。

121002デッキ改修

セランガンバツはハードウッドなので長持ちするはずなのですが、ところどころ床材がブカブカになっていました。
傷んでいたのは主に、頻繁に歩く部分や寄せ植えのコンテナの下になって湿った状態が続いた部分でした。

定期的な塗装も施していただき、大事にしていただいていたウッドデッキです。
木材も生き物。 ハードウッドだからずっと大丈夫!とは、やっぱり言い切れないなと勉強させていただきました。



青い塗り壁も、約10年経過。
ここ数年で、“程良いアンティーク感のある塗り壁”から“ちょっと汚れが気になる塗り壁”へと変化してきました。
カビや藻の類が悪さをしています。

メーカーさんにも来てもらいましたが、メンテの具体的な提案は出ず。。。
なので、とりあえず、迷いに迷って買ってきた洗剤で洗浄してみました!

121002壁01

121002壁02  トイレ用の中性洗剤をシュッシュ! たわしで優しくゴシゴシ!

121002壁03  下には大事な植物があるので、洗剤がなるべく垂れないように。。。

121002壁04

(このツバメちゃんたち、10年経つのにまったくさびが出ていません!すばらしい焼付けだ!)

どうですか? 結構、汚れが落ちたと思いません??
良い風合いになったな~と勝手に満足してます(^^)

最初は塗り替えのご相談だったんですが、気になった度に毎回塗り替えるのはもったいないですもんね。
メンテナンスで対処できる範囲でよかったです!
こうやって少しづつ手を入れながらお庭に向き合っていただけると、とても嬉しく思います。
これからも末永く、宜しくお願いいたします。



≪ 『アトリエ木々』にプラン・施工をご依頼いただいた皆様へ ≫

塗り壁・植栽・土etc.、気になるところがありましたら、いつでも連絡ください! 
(最近は“このアリ、大丈夫?”が一番多いです。)
メンテナンスの方法など、お伝えできたらと思います。



≪ この記事をご覧になってご自分で塗り壁のメンテナンスをなさろうとお考えの方へ ≫

施工会社さんにご相談いただくか、自己責任の上でメンテナンスしていただきますよう、宜しくお願いいたします。
(こういうことはあまり書きたくないのですが、いろんな方がいらっしゃるので念のため書かせてください。)


2012/10/27   好きな素材     873TB 1   873Com 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://ateliermokumoku.blog71.fc2.com/tb.php/873-cbfa513e

まとめ【塗り壁とウッドデッキ】 28/10/2012

約10年前、バラと草花大好きなお客様のおうちに、セランガンバツで創らせていただいたウッドデッキです。