Atelier MOKUMOKU Annex

Entry 898   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

バーニッシュワトル

大きくなりすぎるのでいつもお客様に“抜いたほうがいい!”と言ってしまう、アカシアやユーカリの類。
実は我が家にも1本ありまして、だんだんと大きくなりつつあります。 うちのは“バーニッシュワトル”です。


2013バーニッシュワトル

ワトルといえばオーストラリアの国花で、たくさん種類があります。
スティッキーワトルとかよく見かけますがものすごくスティッキー(ねばねば)なのはイヤなので、我が家の玄関前の目隠し用には少し枝垂れ系の“バーニッシュワトル”を選びました。
オリーブよりも細い濃い緑葉で、花色もレモンイエロー、そんなに密になり過ぎない樹形。
洋風過ぎず、和風過ぎず、日向OKな使いやすい常緑樹を探していたので、我が家で実験してみています。

で、バーニッシュ・・・がねばねばかどうかというと、やっぱり若干ねばねばで・・・(汗
四季咲きミモザとかも結構、ねばねばしてますもんね。 この子達とのお付き合いの宿命ですね。
冬場のカイガラムシもひどかったです。 


2571.jpg  生産者のおじちゃんに抱えられているところ。

昨年3月に出会った頃は、わたしよりも小さくて可愛かった~(涙
でっかくなったら強剪定でおさめようと思って、お持ち帰りしました。


2013春バーニッシュワトル02

3回くらい剪定しても、倍くらいに大きくなっています。 
いまがちょうど花の時期。 くどくない花色がとてもきれいですよ!



2013/03/22   庭づくり@我が家     898TB 0   898Com 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://ateliermokumoku.blog71.fc2.com/tb.php/898-093c1e8e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。