Atelier MOKUMOKU Annex

Entry 950   Permanent LIN K

神無月のしつらえ

福津にある『ガレリア星鈴音(セレネ)』で先月行なわれた“お茶を楽しむ道具展”。
そのイベントの中で、“神無月のしつらえ”と題したお茶会がありました。
室内のグリーンの装飾からお茶菓子のセレクトにいたるまで、なんと奈良の『くるみの木』の石村由起子さんの手によるものです。

インテリアの雑誌に載っていた香川の『まちのシューレ963』に行きたくていろいろ調べていたら、わたしの行きたいリスト“奈良”に入れていた『くるみの木』と同じオーナーさんだと知って、あぁ、こんな空気感が好きなんだなーとつくづく思い知らされました。
(ちなみに香川に行ったら、絶対寄りたいところがもう一軒! 『GARDENS』という素敵なお庭屋さんです。)

なかなかお会いできる機会もないし、こんなに近い福津に来るなんて!
“お茶会”という言葉に緊張もしましたが、いってみました。


13101504.jpg

午前と午後に8名づつ。
予約取れるかな~と心配でしたが、取れました。
大分からこられてる方もいらっしゃったそうで、濃いファンの方ばかり。


13101503.jpg

ほっこりするしつらえ。 スズカケやセンダンかな? ナツハゼみたいな黒い実もあります。
席に着く前に石村さんから「左から右へ大きい順に並べている」という言葉を聞き、すかさずこの席へ。


13101502.jpg

お茶の心得が無いのでドキドキしていたら、美味しいハーブティーが振舞われたのでセーフ!
予約待ちのバームクーヘン、そしてくるみの木のお野菜クッキーで楽しいおしゃべり会になりました。
参加されていた皆さんは、くるみの木や秋篠の森のリピーターが多く、器の作家さんの名前を聞いてピンときてらしたり、何もかも詳しい方ばかり。


13101501.jpg  石村さんが札幌から見つけてきた植物。 名前がなかなか分かりません。


お店や創り出すものの雰囲気ももちろん好きなのですが、著書を読んで石村さんの人生を知ると、石村さん自体に惹かれるんですよね。

漠然と夢を持ち続けているところ。
ピンと来たら実行してみるところ。
がんばり続けるところ。

実際にお会いしてお話を聞いて、よし!わたしもガンバロー!と思えて、お茶会参加は本当に大収穫でした。


ゆっくりしたかったけどこの日もお迎えの時間が迫り、あっという間にタイムアウト!
でもこの愛すべき現実を楽しみながら、ゆっくりじっくり進みたいものです。





2013/11/22   季節の出来事     950TB 0   950Com 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://ateliermokumoku.blog71.fc2.com/tb.php/950-657e0d8b